ボールを蹴るタイミングや速さが認知できる! 2人でできる空間認知能力を高めるトレーニング

cognitive
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

「空間認知能力」とは、「空間」を正しく「認知」する能力のことを言います。つまり、物のある場所・向き・大きさ・姿勢・物体同士の間隔などを素早く正確に認知する能力です。

サッカーにおいて空間認知能力が低いと、ボールを蹴る距離やタイミング・速さの予測などの感覚を把握することが難しくなります。

そこで、空間認知能力を高めるトレーニングについて紹介します。主にパスを用いた2人でできるトレーニングです。「YouTube」の動画を参照しながらご覧ください。

10種類のトレーニングメニュー

(用意する物)

・サッカーボール2つ

・テニスボール又はソフトボール(Tボールに使用する柔らかいボール)

(トレーニングメニュー)

①2つのボールを使って、ダイレクトインサイドパス

②2タッチインサイドパス(同サイド)

③2タッチ・インサイドパス(逆サイド)

④手で投げる+インサイドパス

⑤ワンバウンドで投げる+インサイドパス

⑥2つのボールでインサイドパス+小さいボールでキャッチボール

⑦リフティングパス交換+パス交換

⑧リフティング+手でワンバウンドパス

⑨リフティング続けながら+手でパス

⑩リフティング+ドリブルで回る+パス交換

 

※こちらがトレーニングメニューの動画です。

動画=YouTube:2人でできるトレーニング!サッカーに必要な【空間認知力、コーディネーション能力】を養おう

ポイント

このメニューの内容を見ていると、以下のことが分かります。

  • 選手2人の間の距離が短い
  • ボールは、最低2つ使用している
  • 相手との距離を考えた速さで、ボールを蹴る
  • ボールを「止める」「蹴る」足を、左右どちらにするか意識している
  • ボールを「蹴る」と「投げる」動作のときは、同時にやっていない

 

ボールは「蹴る」「投げる」動作で、空間の中を移動します。相手の位置や距離を確認しつつ、ボールを蹴るタイミングや速さなどを認識できるようトレーニングしていきましょう。

サッカーにおいて空間認知能力の高くなると、味方と相手選手の位置確認からボールの軌道や速さなどを瞬時に見極める力がつき、質の高いプレーができるようになります。

トレーニングメニューは全部で10種類あります。自分の状況に合わせたトレーニングを段階的にしていきましょう!


◆関連記事◆
「ライン間で的確にボールを受ける能力」と「味方の動きを見逃さない認知力」を同時に高めよう!

cognitive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です