【動画付サッカー練習メニュー】騙しの動きを入れたシャルケ04のパスドリル

shalke
スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

パスドリルに明確な目的を持たせよう

パスドリルは無限にオーガナイズを作ることができますが、それぞれの目的をしっかり理解することが大切です。ブンデスリーガ、シャルケ04のU19でチーフトレーナーを務めるNorbert Elgert氏のパスドリルは、たった4つのコーンと5人の選手でデザインされたシンプルな内容ですが、フリーになりながらパスワークを続けるための重要なエッセンスが含まれています。

動画=YouTube:Passing Drill and Deceptive Runs | Attacking Soccer with Schalke 04

 

1 オーガナイズ

テーマ
-予備の動きを取り入れたパスドリル

キーファクター
-パスのタイミング
-オフ・ザ・ボールでのフェイク

トレーニング難易度
-易

インテンシティー
-中

選手
-5人

アクティブタイム
-6min

道具
-ボール
-マーカー

◆関連記事◆
すべては試合から逆算する。「技術と戦術をわけて考える」からの脱却

2 トレーニング方法

  • スタートは少し変則です。すべてダイレクトパスです
  • オレンジはイエローにパス。イエローはブルーにパスしてオレンジのところへ
  • オレンジは真ん中へ移動。ブルーはタイミングを合わせてオレンジへパス
  • オレンジはスカイブルーへパスし、ブルーのところへ移動
  • ブルーは真ん中へ移動します
  • その後もパスをしたら真ん中へ移動して、向かってくるボールを隣の角の人へパス
  • 真ん中からパスをした人は、ボールを受けた方へ移動を繰り返します

すべては試合から逆算する。「技術と戦術をわけて考える」からの脱

3 ポイントと解説

真ん中へ向かった人はパスする方向と90度の角度をつけて移動する

このドリルは、人の移動とボールが90度異なるので、それだけでも実際の試合では相手を困惑させることができます。まずは動き方を覚えましょう。外から中へパスを出した人は、そのまま中に移動。中でボールを貰ったら90度角度をつけて隣の角にいる人へパス。自分はボールを貰った人の方へ移動。この3ステップが連続して行われています。

すべての動き出しでフェイクを入れる

図では、中央にいる選手がボールを貰う前にフェイクをいれています。これは中の選手だけではなく、外側に選手もボールを貰う前にフェイクを入れます。こうすることで、ボールを貰う前とパスを出した後の二重フェイクとなり、益々相手にとっては対応しづらいプレーとなります。

フェイクを入れる際、パスの出し手は貰い手をよく観察する必要があります。何もせずにボールを貰うより、フェイクを入れたほうがタイミングの「ズレ」が生じるからです。はじめはゆっくりのテンポで構わないので、コミュニケーションを取りながら確実にパスを繋ぐようにコーチングしましょう。

◆関連記事◆
すべては試合から逆算する。「技術と戦術をわけて考える」からの脱却

shalke

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です