【サッカー練習メニュー】「えぐる」と「上げる」の判断力を養う、サイド攻撃自動化トレーニング!!

サイド攻撃からのフィニッシュは、トレーニングによって精度を上げることができる大切な戦術です。サイド攻撃が偶然の産物ではなく、グループまたはチームの意思疎通から生み出されるものにするため、コーチが上手くオーガナイズしましょう。

サイド攻撃からフィニュッシュに持ち込むパターンとしていくつかありますが、紹介するトレーニングはショートパスをダイレクトでつなぎ、同サイドのクロスからゴールを狙うことを想定してデザインされています。

ジュニアからこういった「形」を頭と体に染み付かせることで、身体が自然に動くいわゆる「自動化」の基盤ができますので、チームトレーニングのコンセプトに入れ込んでみてください!

1 オーガナイズ

テーマ
-サイドからのフィニッシュ 

キーファクター
-フィニッシュ
-コミュニケーション
-ダイレクトパス

トレーニング難易度
-難

インテンシティー
-中

選手
-最大15人

アクティブタイム
-10min

道具
-ボール
-マーカー
-大ゴール

すべては試合から逆算する。「技術と戦術をわけて考える」からの脱却

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です