【U12練習メニュー】絞って閉めてパスを通させない! 緊張感あふれるシメオネのパスライン封じトレーニング!!

simeone
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

守備のシーンで「絞る」という言葉を使いますが、皆さんはどのように理解していますか?

「真ん中に選手が集まる」とか「隙間を作らない」など色々あると思いますが、絞るというのは選手が行う一種のアクションであって目的は「相手のパスラインを閉める」ことにあります。つまり絞るとは、「相手のパスラインを閉めるために行うアクション」という定義になります。

言葉の整理をしたところで、このパスラインを閉める戦術を得意としている「チョロ」ことアトレティコ・マドリードで指揮を執るディエゴ・シメオネ監督のパスライン封じトレーニングを見ていきましょう。

目指すは、コンパクトな守備から爆発的な攻撃への転換です!

1 オーガナイズ

テーマ
-パスラインの閉鎖

キーファクター
-認知
-コミュニケーション
-コンスタントな守備

トレーニング難易度
-難

インテンシティー
-高

選手
-12人

アクティブタイム
4min

道具
-ボール×1
-マーカー
-小ゴール×4

2 ルール

  • 4つのゴール前に各グループから2選手ずつ立ちます
  • 8マスの前後列に同じグループの選手が1人ずつ立ちます
  • マスに入っている8選手は他のマスに移動することはできません
  • ゴール前に選手は横に移動することができます
  • ボールを持っているグループはパスを回しながら反対にいる味方にボールを当てます
  • 当てられた選手は横にいるもうひとりの選手にパスをします
  • 最後にパスを受けた選手は後ろにあるゴールにシュートします
  • ボールカットまたはゴールで反対のグループからスタートします

3 ポイント

ボールホルダーに一番近い選手を頂点に斜めに絞っていく

DFのやることは至ってシンプル。ボールホルダーに一番近い人がマスギリギリまでアプローチして、その選手を頂点として他の選手が斜めに絞っていきます。なぜ斜めかというと、ひとつはチャレンジ&カバーの原則で、アプローチに行った選手が抜かれた時にカバーリングができるように。

もうひとつは斜めにすることで守備に奥行きができるからです。ただし、すべての選手が斜めになってしまうと、反対に目の前の大きなプレースペースを相手にプレゼントしてしまうことになるので、守備ラインの形はチームのコンセプトに沿ってコーチがオーガナイズする必要があります。上の図では、アプローチに行った一番右の選手に対して横2人の選手が斜めのポジションを取っています。

では真ん中にボールがある場合はというと下の図のようになります。

両隣の選手が斜めにポジションを取り、カバーリングと守備の深さの形成を担っています。

ここまで説明したところで、絞るというアクションはより具体的に言うと、「ボールホルダーに対して一番近い選手がアプローチして、その選手の両隣の選手が斜めにポジションを取る」ということになります。もちろん、人よりボールの動きのほうが速いですので、そのズレを利用し相手はパスを通そうとしてきます。ですがこのアクションによって、相手の斜めや縦パスの成功率を最大限下げることができるということを、選手に体験させましょう!

参考動画=YouTube:Ejercicio Cholo Simeone | Tapar líneas de pase


◆関連記事◆
【U12】守備になった時に裏を突かれたことありませんか? 攻守の切り替えかで間髪入れずに駆け引きが始まるデュエルトレーニング

simeone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です