【U8練習メニュー】「木を見て森も見る」ドリブルで、縦に突破するトレーニング

U8DF
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

1人ドリブルで抜いた後、すぐにボールを取られてしまう選手がいます。それはボールタッチの技術もありますが、多くが次に待ち構えているDFの存在を認知できていないからです。

「木を見て森を見ず」ということわざがありますが、インテリジェンスな選手は目の前の状況も、試合を俯瞰した状態も認知している「木を見て森も見る」状態でプレーしています。そんな選手にになれるようにトレーニングしていきましょう!!

1 オーガナイズ

テーマ
-ドリブル突破

トレーニング難易度
-易

インテンシティー
-高

選手
-6人程度

アクティブタイム
30sec

道具
-ボール×各選手
-ビブス2色
-マーカー

キーファクター
-認知
-運ぶドリブル
-抜くドリブル

2 ルール

  • OFの目の前に長方形(A)、奥に正方形(B)のグリッドを作ります
  • DFは各グリッドに留まらなければなりません
  • OFの選手はボールを持ちます
  • OFは1のDFを抜き、さらにBのDFからの突破を試みます
  • OFの突破成功、またはDFのボール奪取やボールアウトでプレーは終了
  • 次の選手がプレーを開始します

3 ポイント

Bのグリッドの奥行きを生かして突破を試みる

コーチから何も言わずにトレーニングを開始した場合、予測できる現象としては、1のDFを抜いた後すぐに2のDFにマークされボールを取られてしまうことが起きます。

ちょうどDFの1と2がチャレンジャーとカバーの関係になりやすいので自然に起こる現象ですが、ここでコーチはヒントとしてグリッドの形が異なることを指摘します。「AとBのグリッドって何が違うの?」から入り、最終的にBには奥行きがあってDF2の背後にスペースがあるという状況を選手が答えられるように誘導しましょう。

そこまで頭で理解させたら、今度は実際のドリブルでどんな工夫をしたら突破できる可能性が高くなるのかを、コーチングしながらトレーニングさせましょう。ヒントとしては「相手の逆を取った瞬間、どんなボールタッチをしたらよいか?」です。

OFが上手くいかない時はグリッドの間隔を開ける

とは言うものの、チームによっては上手くいかない場合もあります。そんなときは、グリッド間の距離を開けることでDF1を抜いたOFに余裕を与えることができます。間隔が開くということは、ドリブルにスピードをつけることができますので、突破の方法もバリエーションが増えることをコーチは考慮しなければなりません。

動画=YouTube: Learn how to cover as a defender | Soccer Drill 2411


◆関連記事◆
【U8】最高速度を目指せ! ハイスピードドリブル!!

U8DF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です