【U12】相手にインターセプトされなくなる、ズレてもらうコントロールトレーニング!!

Control

CBからMF、SHからFWなど、パスを当てる際にやられたくないのがインターセプトです。

インターセプトされないように首を振って周りを見ることは大切ですが、プラスして取られづらいコントロールの方法を身に着けておくとさらに実践で生きてきます。このトレーニングでは2パターンのコントロールに加え、発展型の形も紹介します。

1 オーガナイズ

テーマ
-前を向くコントロール

トレーニング難易度
-中

インテンシティー
-高

選手
-6人

アクティブタイム
5min

道具
-マネキン×3
-ポール×2
-ボール×2

キーファクター
-パス
-コミュニケーション
-体の向き
-コントロール
-認知

※このトレーニングは参加選手全員が常にアクティブ状態なため、人数を調整して選手に与える負荷のバランスを取ってください。

2 ルール(パターン1)

  • ポールにいる選手がそれぞれボールを持ちます
  • 中央のマネキンに背負った状態の2人の選手は決まった横方向にズレてパスを要求します
  • 来たボールをワンタッチで反対方向に動かし、2タッチ目で反対の選手にパスします
  • ローテーションはパスをした方向に選手が動きます

3 ルール(パターン2)

  • ポールに居る選手が落ちてボールを貰いに行きます
  • ボールを落とし、素早く外のマネキンの外側にバックステップします
  • リターンで貰ったボールをファーストコントロールで反対側に出します
  • ツータッチ目で反対側にパスを出します

3 ポイント

DFから離れる前に一度フェイントを入れる

大切なことは、ボールをコントロールするときにDFが遠ざかっていることです。そのために「ズレる」動きを行いますが、単に移動するのではなく、緩急をつけたり、目線を一度反対に置いたりなど、選手たちに工夫させることが重要です。

発展形としてパターン1と2を選手たちに選択させる

発展として選手たちがコミュニケーションを取りボールを貰う場所を決めさせます。パサーの難易度がぐんと高くなりますが、パサーはコミュニケーションを取りながらパスのインパクトギリギリまで、中と外のどちらにも出せる準備をしておきましょう。

動画=YouTube:Passing and Receiving Drills in Daimond Shape


◆関連記事◆
意識するだけで変わる!パス&コントロールの反復練習

Control

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です