ペップ・グアルディオラの芸術的なサイドチェンジの解説! 中盤で自然と数的有利な状態ができるオフ・ザ・ボールの動き!!

ペップ・グアルディオラ監督が指揮を執るマンチェスター・シティーのサッカーはボールと人がよく動き、また力強い促進力も兼ね揃えています。

そんなマンチェスター・シティーにプレミアの強豪クラブが激突します。球際が一際厳しいと言われるプレミアリーグでもグラウディオラ監督は、しっかりとパスを繋ぎ、数的優位を作りながらゴールへ向かうサッカーを貫き通しています。

そんなマンチェスター・シティーのサッカーを支えているひとつの戦術が「サイドチェンジ」です。単に逆サイドにロングキックを蹴るのではなく、中盤で数的有利を作り、しっかりと相手守備陣のプレッシャーを剥がす仕組みが隠されていました。

1 中盤でウィンガーが幅と深さを取る

ウィンガーは中盤でできる限り深さと幅を取ります。

そうすることで中盤にスペースが作られます。

ウィンガーが開いたことであることが起きます>>

【U8・U12】ポゼッションに必要なポジショニング能力が上達する、バルサ流パストレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です