【U12】実戦に近い状態でパスを通す確率を上げるための、コンビネーショントレーニング

(うわーボール取られた!)

そこにパスを通せば上手く展開できると思って出したボールが、相手に取られてしまうことがあります。

現象の原因は様々ですが、基本的に周りが見えて(見て)いないことが大きいと言えます。

このトレーニングは、ポゼッションセッションを行う前の導入として最適です。

【U8・U12】ポゼッションに必要なポジショニング能力が上達する、バルサ流パストレーニング

※動画は最後のページで!

①オーガナイズ

 

ゴールエリア幅のグリッドを作り、中央に2つコーンを置きます。

スタートする2つの角(図ではA)にボールを持った各2選手。その他のコーンには1選手がポジションを取ります。

●関連動画
▶【U8・U12】ポゼッションに必要なポジショニング能力が上達する、バルサ流パストレーニング
▶【U12】オーバーラップをよりスピーディーに正確に行うためのトレーニング

②ルール

 

図の赤と緑のグループのローテーションは同じです。選手は赤A→赤B→赤C→緑Aと移動していきます。

  1. AがBにパス
  2. BはパスをAに落とす
  3. AはCにパス
  4. CはパスをBに落とす
  5. BはCにリターン
  6. Cはパスを受け取り緑(赤)のA地点へドリブル

その後は緑(赤)のAとしてローテーションします。

●関連動画
▶【U8・U12】ポゼッションに必要なポジショニング能力が上達する、バルサ流パストレーニング
▶【U12】オーバーラップをよりスピーディーに正確に行うためのトレーニング

③ポイント

 

別グループの状況を見ながら、パス→落とし×2のリズムを作る

選手が実際に行うプレーは「パス→落とし→パス→落とし→ドリブル」とシンプルです。なので、可能な限りリズムを作ることを選手に意識させましょう。

ただし、AからCにボールを当てる際には別のグループも同じくパスをしますので、ぶつからないようにAとCは状況をよく把握する必要があります。

ドリブルで全体の進行を調整する

2つ同時にボールが動いているので、必ずパスワークのズレが生じてきます。そのためこのトレーニング内でのドリブルは、単にボールを運ぶのではなく、左右のボールの流れを調整する意味が含まれています。

この調整のために運ぶドリブルは、実際の試合でもタメを作ったり、パスワークのテンポを変化・修正するために大切なファクターとなりますので、是非選手に意識させてみましょう!

動画=YouTube:Attacking Soccer 4 – Excellent Drill One Touch-Combination Play

●関連動画
▶【U8・U12】ポゼッションに必要なポジショニング能力が上達する、バルサ流パストレーニング
▶【U12】オーバーラップをよりスピーディーに正確に行うためのトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です