対人パスに横のサポートを入れたトレーニングはやったことある? 縦パス+サポートで相手DFを撹乱!少し複雑なパストレーニング!!

PassSupport

パスのトレーニングは形に慣れてしまうと、ただこなしていくだけになってしまうことがあります。

普通に考えるとパスをする人と受け取る人が直線の関係にあり、それが繰り返されるパスワークは、DFにとって簡単に予測できてしまいます。

そこで、人が横の動きをちょっと入れるだけで、複雑でかつ広いスペースを使ったパスワークへと移り変わります。

紹介するのは縦の関係だけでなく、横の動きを取り入れたパスのトレーニングです。

トレーニングの方法は動画をご覧になると理解できると思います。ぜひ、参考にしてみてください。

ボールの動きはシンプル。人は縦のパスに横の動きを入れる

このトレーニングは、「縦パスを入れて落とす」というようにボールの流れは単純ですが、人の動きは少し複雑です。最初にボールを受けた選手は、隣のレーンのボールを受けるために、横に動いてサポートをします。

ボールが縦に動いている中で、横に動くサポートをすると、相手DFはマークしにくくなります。縦と横の動きを両方同時にとらえるのが難しいからです。

このように横に動くサポートは、ポゼッションやゴール前の崩しの場面で有効になります。

2つのボールのタイミングを合わせることも忘れずに!

このトレーニングでは、2つのボールが同じ進行状況でなければなりません。そのため、自分が関与していないボールの状況も確認しながら、タイミングを合わせるようにしましょう。

また、難易度を上げた場合、奥の選手に斜めのパスを出すので、2つのボールが交差します。人とボールが入り交じるため難しくなっており、動画内でも選手たちがミスを連発しているのがわかるでしょう。

ミスをなくすためにも、周りの人と2つのボールの動きをしっかりと見ながら、正確にパスとサポートを行うようにしましょう。


動画:YouTube『PAS ÇALIŞMASI 1 – SOCCER TRAINING 1


◆関連記事◆
【サッカー練習メニュー】リトリートするDFラインを突破する絶妙縦パスを習得するための6v6+2+GKトレーニング

PassSupport

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です