【U8・U12】相手の裏を突きながら、楽しくヘディング技術が上達するトレーニング

ヘディングトレーニングで思いつくのは、二人一組で一人がボールを投げて、もう一人がヘディングで返すシンプルなものではないでしょうか。

ヘディングでのポストプレー技術を習得しよう!ポイントやトレーニング方法をご紹介!

GKからのプレスキックなどは、正面に飛んでくるボールを跳ね返すのでこのトレーニングは効果的ですが、実際の試合では様々なシチュエーションでヘディングを行うシーンがあります。

  • クロスボールに対して横向きでヘディング
  • ハイバウンドしたボールを先に触るためのヘディング
  • MFからのロブボール性のスルーパスに対応するヘディング

などなど細かなシーンも含めると実に数多くあります。

さらに、当然試合中は相手がいる状態で行うので、ただ突っ立っていても相手にボールを先に取られてしまいます。

これから紹介するトレーニングは今までに行ってきたヘディングトレーニングとは違う、実践的で楽しいものとなっています。

①オーガナイズ

図のようにミニゴールを置いて、各ゴールラインに4人ボールを手で持って待機します。

グリッドの中にOFとDFを一人ずつ入れます。

グリッドのサイズはカテゴリーやレベルによって変化・調整しましょう。

※動画は最後のページで!

●関連動画
▶『ヘディングでのポストプレー技術を習得しよう!ポイントやトレーニング方法をご紹介!
▶『中学生向け〜ヘディングシュートを身につけよう!トレーニングをご紹介〜

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です