【U12】守備になった時に裏を突かれたことありませんか? 攻守の切り替えかで間髪入れずに駆け引きが始まるデュエルトレーニング

攻守の切り替え、とりわけシュートを打ったら自動的に守備を行うトレーニングがよくあります。

その攻守の切り替えの時に、攻撃となった選手が駆け引きができるルールを設けることで、DF役になった選手はただマークを付けば良いという「作業ベース」の思考がなくなります。

 

①オーガナイズ

大ゴールにGK、反対の両サイドに小ゴール、それらの中央にポール(コーンでも代用可)を二本置きます。

選手は小ゴールの間、サイド、大ゴールの横、ポールの間にポジションをとります。

ボールは図でいうと青の選手たちが持つようにしましょう。

※最後のページで動画が見れます

●関連動画
▶『【U12】3つのシュートパターンを連続で行うドリルで、フィニッシュの質を上げよう!!

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です