素早いトランジションを身につける!攻守が切り替わる4対2のトレーニング紹介

現代サッカーで試合の鍵を握るとされているトランジション(切り替え)。年齢が上がり、試合の展開が速くなるにつれ、トランジションの重要性は増していきます。

そこで、「YouTube」にある攻守が切り替わる4対2のトレーニングを紹介します。素早いトランジションを身につけるための入門ともいえるトレーニングです。ぜひご覧ください。

素早いトランジションが求められる


photo:YouTube『【サッカーの見方】「トランジション」とは?【観戦・分析初心者向け】

攻守の切り替えのことをトランジションといいます。

攻撃から守備への切り替え=ネガティブトランジション(ネガトラ)
守備から攻撃への切り替え=ポジティブトランジション(ポジトラ)

サッカーでは「攻撃・守備・ネガトラ・ポジトラ」の4つの局面をサイクルのように順番に回っていきます。プレー中は常に4つの局面のどこかの状態に当てはまるということです。

トランジションの時間は試合全体で見ると短いですが、とても重要です。例えば、ネガトラが遅れるとチームは一気にピンチになってしまい、ポジトラが遅れると攻撃のチャンスが潰れてしまいます。そのため、選手としてレベルアップするためには素早いトランジションを身につけなければなりません

●関連記事
【U8】縦パスを使って前に進む!深さのある3対3のトレーニング
判断の連続に慣れろ! 味方からのコーチングを聞く能力を高める、4色マーカーを使ったパストレーニングを!!

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です