【動画付練習メニュー】ボールタッチしながら手でもパス!マルチフィーリングのトレーニングを紹介!

Multifeeling
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

同時に複数の課題をこなすことを、マルチタスクといいます。サッカーはボールや周りの選手、空いているスペースなどを同時に見なければならないため、試合中は常にマルチタスクをしているといえます。

紹介する動画はマルチタスクとボールフィーリングが合わさった、マルチフィーリングのトレーニングです。脳トレとしてもおすすめなので、ぜひご覧ください。

サッカーは忙しいスポーツ

サッカーはボールだけでなく、味方や相手選手のポジショニングを見て状況を判断します。さらに年代が上がっていくと、戦術、それぞれの選手の特徴、時間帯、グランドコンディションなどの細かな情報を処理しながらプレーしなければなりません

こうした情報処理能力や判断力を養うために行うのがマルチフィーリング。動画内で行われているのは、マルチタスクを身につける入門レベルトレーニングです。

周辺視野でボールをとらえる

ボールタッチはその場から動かないように行います。そのためには体の重心を意識しなければなりません。立った状態の重心の位置はおへそのあたりなので、おへその位置が動かないようにボールタッチしましょう

また、足下だけでなく手元に来るボールのことも見なければなりません。両方をしっかり見ることはできないので、手元にボールが来るときは足下のボールは周辺視野でぼんやり見るようにしましょう。

2人とも足下でボールコントロールを行いながら、手でボールを投げてパス交換すると、さらに難易度を上げることができます。

マルチタスク能力を身につけることで、選択肢をたくさん持ち、さらにその中からベストな判断ができるようになります。マルチフィーリング、ぜひチャレンジしてみてください。


動画:YouTube『みんなこれできる?一度に2つの動作で頭がパニックに!【マルチフィーリング】で基礎技術を高めよう!


◆関連記事◆
【練習メニュー】間違ったら目立っちゃう、バレンシアの算数ウォーミングアップ

Multifeeling

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です