【動画付!】相手がいればトレーニング効果アップ!自主トレに最適な2人組のトレーニングを紹介!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

夏休みは友達とトレーニング!

自主トレは1人よりも2人で行う方が、より実践に近づき、メニューのバリエーションを増やすことができます。何よりお互いに高め合うことで、トレーニングの質も高めやすくなります。

そこで、「YouTube」にある2人組で行うトレーニングを紹介します。自主トレでテクニックやスタミナを鍛えたい方におすすめです。動画で行われているトレーニングメニューのやり方やポイントを解説していくので、ぜひご覧ください。


基礎的なトレーニング

サイドステップをしながらパス交換

一般的な対面パスに横の動きを加えたトレーニング。サイドステップをしながら、マーカーとマーカーの間でダイレクトのパス交換をします。

動画内では左右どちらの足も使っていますが、まずは左に進むときは左足、右に進むときは右足で蹴るようにしましょう。ボールを蹴った足でそのまま一歩目を踏み出すことができるので、パスのあとの動きがスムーズになります。

4色のマーカーを使った認知トレーニング

用意するのは4色のマーカーを使った辺の長さが6〜7mの四角形。プレイヤーは四角形の中央からスタートし、指定された色のマーカーをタッチして再び中央に戻るというのを繰り返します。

体は常に同じ方向に向け、後ろへはバックステップで進みます。1セットの目安は20〜30秒で、時間内は全力で行いましょう。また、ボールを使うことで認知だけでなく、テクニックの要素もプラスすることができます。

対戦形式のトレーニング

三角形のドリブル鬼ごっこ

用意するのはマーカーを使った辺の長さが2〜3mの三角形。三角形の内側に入らないようにしながらの、ドリブルでの鬼ごっこです。1セットにつき20秒を目安にしてみてください。

コツはボールばかりを見ずに、相手の動きをよく見ること。逃げる方はもちろん鬼の動きを注視します。加えて、鬼も逃げる方のボールタッチが大きくなったときなど、ターンするタイミングを見逃さないようにしましょう。

サイドステップの鬼ごっこ

マーカーを長さ10mほどで2列配置。逃げる方は列の間にいる鬼にタッチされないように、反対側に行きます。逃げる方が列の間に侵入するまで、鬼はタッチすることはできません。

逃げる方はいろいろなステップやフェイントを駆使して鬼を振り切ります。鬼は大きく動きすぎるとバランスを崩されやすくなるので、細かいステップワークで付いて行きましょう。

ボールを使うことでテクニックのトレーニングにすることもできます。


シュート系トレーニング

加速&ストップしてからのシュート

加速からストップ、そして背後から出てきたボールに素早く反応しシュート。止まるときに力を入れすぎないこと、ボールにできるだけ速く近づくことがポイントです。

特に加速して止まり、また加速する動きは、サッカーの中でも攻守に渡ってよく使う重要な動作です。しっかりと身に付けられるようにしましょう。

またスタート位置にジョグで戻るようにすることで、フィジカルの要素をプラスできます。1セットにつきボール4個が目安です。

いくつかの要素を複合したシュート

テクニック・アジリティ・フィジカルの要素を含んだシュートのトレーニング。テクニックやアジリティの部分は、別のメニューと入れ替えてもかまいません。

それぞれのメニューを集中して行い、疲れてきた状態でもシュートはしっかりと決めることを意識しましょう。

自分たちに合うように工夫する

まずトレーニングに取り組む前に、ウォーミングアップをしっかり行うようにしましょう。

また、後半のシュートのメニューはボールを複数個使うので、実践するのが難しいかも知れません。またチーム練習の後にやる場合、すべてをこなそうとするとやりすぎになってしまいます

そのため、持っている道具でできるように工夫したり、いくつかピックアップして実践してみるようにしましょう。動画を参考にして、ぜひトライしてみてください。


動画:YouTube『Football Conditioning Session | Improve Your Fitness With The Ball

◆関連記事◆
サッカー選手は1日の食事をどのように摂取している?1日の流れをご紹介!
キックフェイントよりも騙せる!キレのある「フェイクキックフェイント」を習得しよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です