【U10】やっぱりDFは体の向きが大切! 数的不利でも視野を保ってしっかり守ろう!!

【U10】やっぱりDFは体の向きが大切
DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

マークの技術で大切なことは、マークしている相手ボール、そしてボールホルダーの位置を常に確認することです。

首を振って見ることも大切ですが、その前に視野を最大限に広げられる体の向きを保つようにプレーしなければなりません。

オーガナイズ

  • テーマ:相手、ボール、ボールホルダーを確認できる体の向き
  • 選手:3v4+GK
  • 道具:ボール、ゴール
  • エリア:35*30m(内、横10mのZ2を設ける)
  • アクティブ時間:5分
  • レスト時間:2分

ルール

  • オフェンスはチームはゴールを目指す。オフェンスはZ2に自由に侵入できるが、シュートはダイレクトでなければならい
  • ディフェンスはZ1でボールを奪う。ただし、ボールまたはオフェンスがZ2に侵入した場合は、ディフェンスも入ることができる
  • ゴールが決まった場合は、Z1にボールを戻してからスタート
  • ディフェンスのボール奪取、GKのキャッチ、ピッチアウトもZ1にボールを戻す

現象

守備の技術はリアクションによるものが多く、どうしても受け身な印象となります。

しかし、ディフェンスは視野を広く保ち多くの情報を取り入れることで、相手のプレーをコントロールしたり予測したりすることができます

このトレーニングでは、その基礎となります。

プレーの目的はボール奪取ですが、各ディフェンダーは相手、ボール、ボールホルダーが視野に入る体の向きを作りながら行うことがポイントです。

数的不利にしているのは、一人のディフェンダーが複数の相手を見ないと守りきれない状態を作っているから

また、得た情報によって適切なポジショニングを取っているかも、指導者が見るべきポイントです。

視野に関しての問いかけ

  • 今何が見える?
  • 今よりもっと視野が広がる体の向きは?
  • 何をみてプレーしなければならない?

ポジショニングに関しての問いかけ

  • 相手との距離はどうやって決めたらよい?
  • Z1とZ2では守備の仕方が変わる?
  • 数的不利で守るためにはどんなポジショニングをしたら良い?

◆関連記事◆
【DF必見】相手のFWはこうして止める! 日本ではここまで教えない、最強のDFになるための超実践的な技術トップ5!!

【U10】やっぱりDFは体の向きが大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です