【全カテゴリ―】パス交換の中でロングキックを磨こう!

200619_トレーニング_ロングキックトレ
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

ロングキックの技術では、蹴り方にポイントが絞られますが、実践で使えるようになるにはそれだけでは足りません。

試合では常にボールと人とスペースの状態が変化しています。ですから対人ロングパスでよくあるシーンとして、「いくよ〜」なんて声をかけて自分のペースで蹴るなんてほぼありえません。

そこで、より試合で生かせるように、4人1組のロングパストレーニングの紹介です。

ベストは全員ダイレクトで

やることはシンプル。落としたボールを反対側にいる選手にロングボールします。ボールを受けた選手はそれを落とし、リターンのゴロ玉で再び反対側にパスします。

蹴り終わった選手とゴロパスを出した選手は役割を代えるために、ポジションを移動し準備します。

やることはこれだけです。目的はグループのリズムを継続させること。そのために

  • パスの質
  • コントロールの質
  • ゴロパスの質
  • コミュニケーション

など様々なキーファクターを意識する必要があります。

トレーニングのポイントとしては、技術ミスが起こった場合にグループ全体がプレーを止めないこと。試合と同じくコントールでファンブルをしてしまったり、落としがズレたりしまったりした場合、無理にダイレクトでプレーするとリズムが崩れます。

その場合はボールを落ち着かせてから、プレーするように促しましょう。

200619_トレーニング_ロングキックトレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です