【U8】コントロール+コーディネーション

200617_トレーニング_パスコンコーディ_キャッチ

ボールコントロールとコーディネーションが合わさったトレーニングの紹介です。

200617_トレーニング_パスコンコーディ

平べったい三角形の角に選手をつけます。後ろの方には、コーンとポール(なければコーンでもOK)のコーディネーションのステーションを作ります。

どちらかの端の選手がボールを真ん中の選手へパス。受けた真ん中の選手は次にパスを出す方へボールをコントロールし、反対側にいる選手へパスを送ります。

そして反対側からリターンパスをもらったら、スタートにいる選手へパスを出します。

真ん中の選手は最後のパスをしたらすぐにターンをして、コーンをジグザクに進みます。

進み終わったら、目印のコーン(ここでは青)まで斜めに走り、スピードに乗った状態でポールをスラロームします。

スラロームを終えたらジョグでスタートのとこまで戻り、ローテーションが回ってくるまで息を整えます。

ポイント

ポイントは

  1. 真ん中でボールを受ける選手は、常に2人のパサーが見えるようにポジショニング
  2. コーディネーション中は100%の力で、移動はリラックスしメリハリを付ける
  3. スムーズにローテーションを行い、待ち時間を少なくする
  4. コントロールやコーディネーションが正しくできていなければフリーズして仕切り直す

バリエーションとしてパスの本数を増やしたり、コーディネーションの内容を変更したりすることで、レベルに合わすことができます。

soccer-banner
200617_トレーニング_パスコンコーディ_キャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です