一角違うだけでかなり違う!? 対面と三角パスのメリット・デメリット

200616_トレーニング_対面三角

サッカーのトレーニングで必ずやったとこがあるはずの「対面パス」と「三角パス」。どちらもいわゆる伝統的なトレーニングですが、指導者によってはどちらか一択に絞ってしまうことがあるといいます。

そこで、対面と三角を比べた時に、どういったメリットとデメリットがあるのかを調べてみました。

ボールフィーリングに専念できる対人パス

200616_トレーニング_対面三角02

「2人1組で〜」と指導者がいうと、向き合ってパス交換をしたり、1人が手でボールを投げて、もう1人が足などでリターンしたりなど、対人系のトレーニングは、こんなメリットがあるのではないでしょうか?

●おすすめ記事
カバーリングは連続する。カバーをカバーする概念「ペルムータ」を知っているか?

soccer-banner
200616_トレーニング_対面三角

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です