カバーリングは連続する。カバーをカバーする概念「ペルムータ」を知っているか?

200612_トレーニング_ペルムータ
スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

守備の戦術に「チャレンジ&カバー」があるのは、指導者をしている人なら知っていることです。

それでは、カバーリングしている人をカバーリングする概念「ペルムータ」は知っていますか。

ペルムータはスペイン語で「交換(permuta)」という意味。チャレンジする人とカバーする人が状況によって入れ替わる姿から、この名前がつけられたことが想像できます。

 

守備ラインを作ることが目的

動作としてはチャレンジ&カバーを連続した形になるので、イメージしやすいと思います。

では、なぜペルムータという概念がわざわざあるのかというと、守備をラインで考えた時にキーファクターとなるからです。

●おすすめ記事
一角違うだけでかなり違う!? 対面と三角パスのメリット・デメリット

200612_トレーニング_ペルムータ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です