鳥かごでビルドアップの現象を出させるトレーニング

200605_トレーニング_鳥かごビルドアプtop

トレーニングのテーマが「ビルドアップ」だった場合、ウォーミングアップからその現象を出させるように工夫すると、選手はメインセッションにスムーズに移行できるはずです。

ここでいうビルドアップとは、相手が作ったラインをボールが超えるために行うパス回しのことをいいます。

200605_トレーニング_鳥かごビルドアプ

鳥かごにボールの出口を設定する

オーガナイズです。

200605_トレーニング_鳥かごビルドアプ01
  • ピッチ:長方形。短辺を等分した線
  • 選手:8人(OF:6 / DF:2)
  • 時間:3-5min
  • ボール:1球

ルールは以下のとおりです。

200605_トレーニング_鳥かごビルドアプ02
  1. 6人の青はグリッドの外でパスを回す
  2. 長辺にいる青は別けられた他のグリッドに移動できない
  3. 長辺にいる青はすぐ横の味方にパスはできない
  4. 赤は別けられた他のグリッドに移動できない
  5. 青は他のグリッドにいる味方に計5回パスを通したら勝ち
  6. 赤は青のパスを計5回カットしたら勝ち

図には攻撃方向が描かれていますが、まずは選手たちにルールだけ説明してプレーしてもらいましょう。

ただボールを回すのではなく、別のグリットの味方にボールが出せる機会を伺いながら行っているか。このトレーニングが実際の試合ではどういった状況になるのか。

こういった意識を選手が自然と感じながらできていれば、上手くオーガナイズされている証拠です。

soccer-banner
200605_トレーニング_鳥かごビルドアプtop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です