「ボールコントロール技術」と「試合体力」を同時に高められるトレーニングをご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

スタミナとコントロール技術を高めるトレーニング

今回は、体力とボールコントロール技術が高まるトレーニングをご紹介します。

試合体力をつけるためには、ボールなしのランだけでなく、ボールをドリブルしながらのランも大切です。

さらに、フィジカルトレーニングの中でうまくボールを取り入れることで、集中力も向上します。

そこで、動画を参考に体力とボールコントロール技術が高まるトレーニングを詳しく解説していきましょう。



体力とボールコントロール技術が高まるトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを複数用意して、バラバラに置く。
  • 少し離れた位置に、マーカーを置く。
  • ボールはバラバラに置かれたマーカーのところに置く。
  • 少し離れたマーカーからスタートし、ボールまでダッシュ。
  • ボールまできたら、ドリブルを開始。バラバラに置かれたマーカーに当たらないようにボールをコントロールする。
  • 合図がなったらボールを置いて、離れたマーカーまでダッシュし、戻ってくる。
  • この動きを繰り返し行う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画0:12の場面をご覧ください。

動画youtube=『Loads Of Different Partner Training Drills | High Intensity Football Training | Joner Football

※日本語字幕でご覧ください。

このトレーニングのポイントは、「常に走りながらボールを使うときと使わないときの体力を身につける」ことです。

試合中では、ボールを持っている時間よりも、ボールを持っていない時間の方が多いです。

そのためには、ボールを持っていないときの動きを1試合通して続けられる体力が必要になります。

さらに、ボールを持ったときに体力がなくては良いプレーができません。

ボールを持っているときの体力を身につけつつ、ボールを持っていないときの体力も合わせて身につけることで、効率よく試合体力が高まります。

ぜひ意識して取り組んでみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です