3人同時に行うジグザグドリブルで「視野の広さ」と「足元から離れないドリブル技術」を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、3人同時に行うドリブルトレーニングをご紹介します。

ジグザグドリブルは通常1人で行うものですが、3人で行うことでさらにドリブル技術がアップします。

そこで、動画を参考に3人同時に行うドリブルトレーニングを詳しく解説していきましょう。

3人同時に行うドリブルトレーニング

トレーニング方法

  • コーンを5〜7つ1m間隔空けておく。
  • その間を3人同時にドリブルする。
  • 他の選手とぶつからないように、うまく交わしながら行う。
  • 慣れてきたら、人数を4人にするなどして良い。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画:youtube[やら・り~の基礎サッカー講座 オリジナルトレーニング「コーンドリブル①」]

このトレーニングのポイントは、「顔を上げて他の選手とぶつからないようにドリブルすること」です。

通常のジグザグドリブルでは、他に人がいないためどうしても顔が下がってしまいがちです。

しかし、3人同時にジグザグドリブルをすることで、顔を上げなければぶつかってしまいます。

顔を上げてプレーするためには、常に足元にボールを置いてドリブルすることが大切です。

さらに足元にボールを置けることで、他の選手とぶつかりそうになっても、素早く対応できます。

また、他の選手とぶつかりそうであれば、コーンの間をドリブルしなくても良いです。

相手を交わしたあとに、素早くドリブルコースに戻るようにしましょう。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
両アウトサイドのみで行うジグザグドリブルで「素早く細かいステップ」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です