ボールがなくても切れ味鋭いターン技術が身につく!トレーニング方法をご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

切れ味鋭いターンで相手を置き去りに!

今回は、素早い動き・ターン能力を高めるトレーニングをご紹介していきます。

サッカーでは、ボールを扱う技術はもちろん、ボールを扱わないときの素早い動きやターンも大切です。

アジリティは小学生年代から取り組んでほしい能力です。

そこで、動画を参考に素早い動き・ターン能力を高めるトレーニングを詳しく解説していきます。


素早い動き・ターン能力を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • コーンを2つ用意し、2mほど間隔を空けて置く。
  • コーンの前に立つ。
  • 合図でスタートし、先のコーンをタッチしてスタート地点に戻る。
  • 戻ったコーンを回ってまたさきのコーンをタッチする。
  • これらの動きを繰り返し行う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画の最初のトレーニングをご覧ください。

動画=Youtube「ジュニア年代からフィジカルトレーニングは必須

このトレーニングのポイントは、「コーンを回った後のスピードを意識する」ことです。

全体的にスピードや素早い動きは大事なのですが、中でもコーンを回った瞬間のスピードを意識しましょう。

コツとしては、少し小股になりながら回って、前方向へ進む瞬間に力強く地面を蹴るイメージを持つことです。

アジリティは小学生から高めておくことで、中学・高校と上がったときに、他の選手よりも体の動かし方が上手くなります。

ぜひ意識して取り組んでください。

◆関連記事◆
サッカー選手は1日の食事をどのように摂取している?1日の流れをご紹介!
キックフェイントよりも騙せる!キレのある「フェイクキックフェイント」を習得しよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です