「ライン間で的確にボールを受ける能力」と「味方の動きを見逃さない認知力」を同時に高めよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

認知力を高めてライン間でボールをうけるトレーニング

今回は、ライン間でボールを受ける動きと味方の動きを見逃さない認知力を高めるトレーニングをご紹介します。

サッカーでは、相手守備ラインの間でボールを受ける能力と、その動きを見逃さない認知力が大切です。

そこで、動画を参考に相手守備ラインでボールを受ける能力と、その動きを見逃さない認知力を高めるトレーニングを詳しく解説していきましょう。

◆関連記事◆
PKが苦手な選手必見!助走を斜め45度にして「GKの膝の位置を見極める」ことで成功率が格段に上がる!

ライン間でボールを受ける能力と認知力を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを12つ用意し、2列で並べるように置く。
  • マーカーからマーカーをラインと考え、それぞれのラインに1人ずつ立つ。
  • 2チームで行い、ラインに交互に立つ。
  • 動ける範囲はライン上のみ。
  • その中で味方と連携しあい、縦方向に進んでいく。
  • これらを繰り返し行う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画=YouTube[SoccerCoachTV.com – Between the Lines Channel Drill.]
※日本語字幕でご覧ください。

このトレーニングのポイントは、「試合中のライン間でボールを受けるイメージを持つこと」「味方の動き出しを見逃さずパスを通す」ことです。

試合中を意識したライン間の動き

まず、ボールを受ける選手は、試合中をイメージして相手守備のライン間でボールを受けられるように動き出しましょう。

具体的には、前のDFとは逆方向へ動くことでパスコースを作れます。

味方の動き出しを見逃さずパスを通す

受ける選手がいくら良い動きをしても、パスが通らなければ意味がありません。

ボールを持っている選手は、DFの動きとライン間で動く味方の動きを同時にみる必要があります。

そのため、高い認知力と判断力が求められますが、まずは顔を上げてプレーすることを心がけましょう。

周囲の状況を目で見れれば、自ずと見える景色も広がります。

ぜひ意識して取り組んでください。

◆関連記事◆
PKが苦手な選手必見!助走を斜め45度にして「GKの膝の位置を見極める」ことで成功率が格段に上がる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です