ゴールを守るために大切な「DFライン統一」と「半身の姿勢・準備」について学ぼう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、ゴール前に上がってくるセンタリングやセットプレー時のDFの対応能力を高めるトレーニングをご紹介します。

サッカーはセットプレーから多くのゴールが生まれやすいため、セットプレーでの守備能力はDFには不可欠です。

そこで、動画を参考にゴール前に上げられたボールの対応能力を高めるトレーニングを詳しく解説していきましょう。

ゴール前に上げられたボールの対応能力を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • ゴール前にはオフェンスとディフェンスがそれぞれ3人ずつに分かれる。
  • サイドからクロスボールを上げる。
  • オフェンスはシュート、ディフェンスはクリアを狙う。
  • ディフェンスは必ずポイントを意識して行う。
  • 両サイドから交互にクロスを上げる。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画2:30から始まるプレーをご覧ください。

動画:youtube[【元バルセロナ】フェルマーレンから学ぶ競合いの極意が凄すぎた!!!]

この動画では、フェルマーレン選手がセットプレー時DFが意識するべきポイントを解説しています。

(前半ではゴールキックやクリアボールの対処法が見られます。)

このトレーニングのポイントは、「DFラインで連携して修正すること」「常に半身の状態で構え、相手に合わせて対応を変えること」これらが挙げられます。

DFラインで連携して修正する

まず大事なことが、DFラインで連携し合い、細かくポジショニングの修正を行うことです。

ゴール前では当然オフェンスも1人だけではなく、複数人が飛び込んできます。

その中で1人のDFが全員を把握することは難しいです。

だからこそDFラインで連携して、組織で守る必要があります。

常に半身の状態で構え、相手に合わせて対応を変える

さらにどんなボールでも素早く対応できるために、常に半身の状態で構える意識を持ちましょう。

体を半身にすることで、前にも後ろにも対応できます。

さらに、相手選手がどういった選手なのかを把握し、対応方法を変えることが重要です。

例えば体が強い選手であれば、少し距離をとって入れ替えさせないようにすること。

スピードがあって動きが速い選手であれば、常につま先立ちで構え、素早く対応できるようにするなど、相手に合わせて対応方法を変えると良いです。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
【サッカー練習メニュー】リトリートするDFラインを突破する絶妙縦パスを習得するための6v6+2+GKトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です