サイドの選手必見!相手の特徴を見極め「守備の間合いを変化させる」技術を習得しよう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は最強のDFになるために必須な技術編

今回は、サイドの選手に習得してほしい1対1の守備トレーニングをご紹介します。

サイドのエリアで相手のドリブル突破を許してしまうと、失点するリスクが高まります。

そうならないために、事前に準備をし、少しでも自分の間合いで守備をできるようにしなければいけません。

そこで、動画を参考にサイドの選手に習得してほしい1対1の守備トレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

1対1の守備トレーニング

トレーニング方法

  • オフェンスとディフェンスに分かれる。
  • オフェンスが横パスを受けたところからスタート。
  • ディフェンスは、横パスが出されてからプレッシャーをかける。
  • オフェンスはディフェンスを完全に交わせたら勝利。
  • ディフェンスは交わされる前にボールを奪う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画=Youtube:「【ヴィッセル神戸】SB必見!酒井高徳による1対1のDF講座!!!

この動画では、酒井高徳選手が意識しているサイドの1対1守備方法が見られます。

このトレーニングのポイントは、「相手の特徴を見極める」「相手に合わせて守備の間合いを変化させる」これらが挙げられます。

相手の特徴を見極める

まず重要なことが、相手サイド選手の特徴を見極めることです。

足が早いのか遅いのか、体が強いのか、テクニックがあるのかなど、自分が対峙する選手の特徴は必ず把握するようにしましょう。

サッカーでは、相手のプレーを研究することも非常に重要です。

相手の特徴を見極めることで、そこからその選手に合わせた守備ができるようになります。

相手に合わせて守備の間合いを変化させる

そして、相手に合わせて守備の間合いを変化させることが1番のポイントになります。

例えば酒井高徳選手であれば、右足の選手であればサイドへ追い込むように中切りをし、少し間合いを近づかせてプレーしています。

逆に左足の選手の場合、中切りばかりを意識してしまうと、縦へスピードに乗られてしまうため、少し間合いをとってプレーしているのです。

このように、相手に合わせて自分が少しでも守備がしやすくなるように間合いをとること、こらができればサイドの1対1の場面で相手からボールを奪えるようになるでしょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

◆関連記事◆

◆関連記事◆
単純なトレーニングに意味を持たせよう!想像力を伴う反復練習とは
意識するだけで変わる!パス&コントロールの反復練習
小学生向け【練習メニュー】素早いコントロールからシュートを決めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です