キレのあるダブルタッチのポイントは「ボールを斜め後ろに運ぶ」「2タッチ目をしっかり止める」こと!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、ダブルタッチのトレーニングをご紹介します。

ダブルタッチは相手を交わすときや、ボールをずらしてパスコースを作りたいときなど、さまざまな場面で有効的な技術です。

ポイントを抑えれば、誰でも簡単に習得できます。

そこで、動画を参考にダブルタッチ技術を高めるトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

ダブルタッチ技術を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • コーンを4つ用意し、1m間隔で少しずらして並べる。
  • コーンに沿うように、ダブルタッチを2回行う。
  • 1回目が左←右だった場合、2回目は右→左になるように体の向きを変える。
  • 素早くキレ良くプレーするイメージをもつ。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画最初のトレーニングをご覧ください。

動画:youtube[【サッカー ドリブル】メッシのように細かく触る!コーンドリブル3種]

このトレーニングのポイントは、「1タッチ目は少し斜め後ろにボールを運ぶこと」「2タッチ目は次のプレーがしやすいように、しっかり止めること」これらが挙げられます。

1タッチ目は少し斜め後ろにボールを運ぶ

1タッチ目のボールタッチは、前や真横ではなく、少し斜め後ろにボールを運ぶように心がけましょう。

斜め後ろにボールを運ぶことで、DFが足を出してきたとしても距離が遠くなり、奪いづらくなります。

ダブルタッチでDFを交わすためには、ボールの置き所は非常に重要です。

2タッチ目は次のプレーがしやすいように止める

2タッチ目は次のプレーがしやすいように、足元に止めることを心がけましょう。

2タッチ目がブレてしまうと、次のプレーをスムーズに行えません。

ボールを少し斜め後ろに運んで止める。体の向きを変えて同じようにボールを少し斜め後ろに運んで止める。

この一連の動作を素早くキレ良く行えるように、心がけましょう。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
小学生でもドリブル突破!「ダブルタッチ」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です