【初心者必見】柔らかいボールタッチと視野の広さが自然と身に付くトレーニングをご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

ボールタッチと視野の確保は必須スキル

今回は、基本的なボールタッチと視野の広さを高めるトレーニングをご紹介します。ボールタッチをするとき、顔が下がっていてはよいプレーを選択することができません。ボールタッチしていても、常に顔が上がり周りを見てプレーできるようになることで、よいプレーを選択できます。

そこで、動画を参考に基本的なボールタッチと視野の広さを高めるトレーニングを詳しく解説していきましょう。

基本的なボールタッチと視野の広さを高めるトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを4つ使って、コートを作る。
  • コートの中に1人1個ボールを持って入る。
  • コート内で自由にドリブル。
  • 他の選手とぶつからないようにドリブルをする。
  • スピードを上げるよりも、ゆっくりでよいので正確にプレーすることを心がける。

◆関連記事◆
【U8】はじめてのパスワークに! パスの長さを考えながらボールを繋げるトレーニング!!

詳しく解説

トレーニングの参考に、まずはこちらの動画1:03の場面をご覧ください。

動画=YouTube[元サッカー 日本代表 戸田和幸が教えるドリブル#1 ジュニアサッカースクールSKYレッスンチャンネル by footi]

このトレーニングのポイントは、「やわらかいボールタッチをイメージして、足元からボールを離さないこと」「他の選手にぶつからないように顔を上げてプレーすること」これらが挙げられます。

まず、コート内を自由にドリブルするとき、体の力を抜いて柔らかくボールタッチするイメージを常に持ちましょう。さらに足元からボールを離さない、ボールを蹴らないことを意識しながら行ってください。そして、コート内にはたくさんの選手が同じようにドリブルしています。

他の選手とぶつならないためにも、必ず顔を上げて周りを見ながらドリブルできるようにしましょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

質の良い睡眠で体をしっかり休めよう↓

◆関連記事◆
【U8】はじめてのパスワークに! パスの長さを考えながらボールを繋げるトレーニング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です