初心者必見!その場に合ったシュート技術が自然と身に付くトレーニングをご紹介!

今回は、シュートのバリエーションを増やし、なおかつシュート技術を高めるトレーニングをご紹介します。

試合中どんな場面でシュートが打てるかわかりません。

フリーの状況もあればDFにマークに合っている状況、ボールがゴロなのか浮き球なのかなど、その場に合わせたシュート技術を持ち合わせていることが重要です。

そこで、動画を参考にしながらシュートバリエーションを増やし、なおかつシュート技術を高めるトレーニングを詳しく解説していきましょう。

シュートバリエーションを増やし、シュート技術を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • ゴール横に1人ボールを2つ保持して立つ。
  • ペナルティエリアラインにマーカーを置いてポイントを作り、マーカー横にボールを置く。
  • まずはマーカー横に置かれたボールをシュートするところからスタート。
  • 1つ目をシュートしたらそのまま前に走る。
  • ゴール横の選手は2つ目のボールをゴロで出し、受けた選手はダイレクトシュート。
  • 3つ目のボールは手で浮き球のボールを投げる。投げられたボールをヘディングシュート。

 

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です