初心者必見!その場に合ったシュート技術が自然と身に付くトレーニングをご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

シュートのバリエーションを増やすトレーニング

今回は、シュートのバリエーションを増やし、なおかつシュート技術を高めるトレーニングをご紹介します。

試合中どんな場面でシュートが打てるかわかりません。

フリーの状況もあればDFにマークに合っている状況、ボールがゴロなのか浮き球なのかなど、その場に合わせたシュート技術を持ち合わせていることが重要です。

そこで、動画を参考にしながらシュートバリエーションを増やし、なおかつシュート技術を高めるトレーニングを詳しく解説していきましょう。

シュートバリエーションを増やし、シュート技術を高めるトレーニング

Photo:Pixabay.com[phillipkofler]

トレーニング方法

  • ゴール横に1人ボールを2つ保持して立つ。
  • ペナルティエリアラインにマーカーを置いてポイントを作り、マーカー横にボールを置く。
  • まずはマーカー横に置かれたボールをシュートするところからスタート。
  • 1つ目をシュートしたらそのまま前に走る。
  • ゴール横の選手は2つ目のボールをゴロで出し、受けた選手はダイレクトシュート。
  • 3つ目のボールは手で浮き球のボールを投げる。投げられたボールをヘディングシュート。

◆関連記事◆
【初心者必見】柔らかいボールタッチと視野の広さが自然と身に付くトレーニングをご紹介!

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画=YouTube[Basic Youth Soccer Drills – Shooting (3)]

※日本語字幕でご覧ください。

このトレーニングのポイントは、「3つのシュートを正確に行いゴールを決める」ことです。

まず1回目のシュートは置いてあるボールを蹴るところから始まります。まずは動いていないボールを正確にゴールの枠内へ決めるようにしましょう。2回目のシュートは、動いているボールをダイレクトシュート。

先程よりも難しくなりますが、ボールが上に浮かないように意識して、ボールに足を被せるようにシュートを打ちましょう。3回目のシュートは浮き球のボールをヘディングシュート。

ゴール前では浮き球のパスが必ずきます。ヘディングシュートはゴール前でゴールを決めるために不可欠な技術です。ヘディングも同じようにボールが上に浮かないように意識しながら、下へ叩きつけるようなイメージで打ちましょう。

ぜひ意識して取り組んでください。

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
【初心者必見】柔らかいボールタッチと視野の広さが自然と身に付くトレーニングをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です