【角度をつけたシュート練習紹介】打ちやすい位置にボールを置くことの重要性とは!?

今回は、角度をつけたシュートトレーニングをご紹介します。

シュートを打つとき、右利きであれば右側、左利きであれば左側にボールが置いてあったほうがシュートがしやすいです。

ゴールを決めるために、少しでも自分がシュートを打ちやすい位置へコントロールすることが重要になります。

そこで、動画を参考にしながら角度をつけたシュートのトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

角度をつけたシュートトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーを数枚用意し、ペナルティエリアラインに沿ってマーカーを並べる。
  • その真ん中からセンターサークル方向に向かってマーカーを2つ置く。
  • ボールを持ち、ペナルティラインに向かってドリブル。
  • マーカーの2つ目に来たら、左右どちらかに角度をつけてボールを運ぶ。
  • そのままシュート。

 

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です