細かいボールタッチ技術を身に付け「足元を見ないでもプレーできる選手」を目指そう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、1人でできる細かく触るボールタッチ技術が身につくトレーニングをご紹介します。

1人でも足元の技術、テクニックを高めることは可能です。

他の選手よりも上手くなるためには、たくさんボールに触れることが重要になります。

そこで、動画を参考にしながら1人でもできるトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

細かく触るボールタッチ技術を高めるトレーニング

トレーニング方法

  • マーカーとマーカーの間を1mほど空けたポイントをいくつか作り、プレーエリアを作る。
  • ボールを2〜3つ用意する。(無ければ1つで良い)
  • ポイントからポイントに向かって細かく触るボールタッチを意識しながら進む(ボールタッチの種類については次の見出しで解説します。)
  • まっすぐ進んだら、つぎは後ろ向きの状態で後ろに進む。
  • これらを繰り返し行う。

 

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

※日本語字幕でご覧ください。

このトレーニングでは、さまざまなボールタッチが可能です。いくつかご紹介します。

 

  • 両インサイドで交互に触りながら進む。
  • インステップで細かくボールを触りながら進む。
  • インアウトで細かく触りながら進む。
  • 両足裏で交互に触りながら進む。

 

このほかにも多くのボールタッチで行うことが可能です。

このトレーニングのポイントは

 

  • ゆっくりで良いので細かくボールに触ること。
  • なるべく顔を上げてボールタッチすること。

 

これらが挙げられます。

まずこのトレーニングの1番のポイントが、細かく触るボールタッチを意識することです。

ドリブルが上手い選手、ボールを奪われない選手は、ボールを決して足元から離しません。

常に自分がコントロールしやすい位置でボールに触ることで、相手がどこからきても対応できるのです。

このトレーニングではスピードを上げて行わなくてよいので、必ず足元から離さない細かいボールタッチを意識して取り組んでください。

また、スピードを上げないかわりに、なるべく顔を上げてボールタッチするように心がけましょう。

顔を上げてプレーできると、視野が広がるため状況やどんなプレーをするべきなのかを選択できます。

顔を上げてプレーすることを可能にするには、足元に置いたボールタッチは不可欠です。

ぜひ意識して取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です