小学生でもできる「体の向きに合わせて正確なパスが出せるようになる練習法」をご紹介!

今回は、体の向きを意識したパストレーニングをご紹介します。

パスを出すとき、体の向きや目線はとても重要です。

体の向きを整えれば正確にパスが出せますし、体の向きや目線で相手を騙すこともできます。

サッカーにおいて、自分の体の向きを調整する力はとても重要です。

そこで、動画を参考にしながら体の向きを意識したパストレーニング詳しく解説していきます。

体の向きを意識したパストレーニング

トレーニング方法

  • マーカーの間を1〜2mほどあけて、6つほど置く。
  • この形を2つ作る。
  • それぞれに並び、2人組で行う。
  • 前方方向へ進みながら、マーカーの間を狙ってパス交換を行う。
  • 体の向きは、「パス方向に向ける」「進む前方方向に向ける」この2パターンを行う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です