小学生でもできる「体の向きに合わせて正確なパスが出せるようになる練習法」をご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、体の向きを意識したパストレーニングをご紹介します。

パスを出すとき、体の向きや目線はとても重要です。

体の向きを整えれば正確にパスが出せますし、体の向きや目線で相手を騙すこともできます。

サッカーにおいて、自分の体の向きを調整する力はとても重要です。

そこで、動画を参考にしながら体の向きを意識したパストレーニング詳しく解説していきます。

体の向きを意識したパストレーニング

トレーニング方法

  • マーカーの間を1〜2mほどあけて、6つほど置く。
  • この形を2つ作る。
  • それぞれに並び、2人組で行う。
  • 前方方向へ進みながら、マーカーの間を狙ってパス交換を行う。
  • 体の向きは、「パス方向に向ける」「進む前方方向に向ける」この2パターンを行う。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。


動画:youtube[ペップ・グアルディオラによる「体の向き」の説明]

このトレーニングのポイントは、「体の向き」「マーカーの間に正確にパスを出す」ことです。

最初に体の向きですが、このトレーニングでは「パス方向に体を向ける」「進む前方方向に体を向ける」この2パターンがあります。

まずパス方向に体を向ける場合、サイドステップをしながらパス交換をしなければいけません。

そして進む前方方向に体をつける場合は、ランニングしてるような形でパス交換を行います。

それぞれ体の向き、ステップは違いますがマーカーの間を正確に狙ってパスを出せるように心がけましょう。

体の向きやステップに気を取られて、パスが雑になっては意味がありません。

2人でタイミングを合わせ正確なパス交換をし、正しい体の向き、ステップができるように心がけてください。

◆関連記事◆
小学生向け〜パス&コントロールの技術を身に付けよう!〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です