足裏を使ったテクニックを習得し相手を翻弄できる選手を目指そう!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、足裏を巧みに使ったテクニックをご紹介します。

足裏を使ったテクニックはさまざまありますが、今回ご紹介する足裏のテクニックは、よりゴール前で有効的なテクニックです。

この技術を習得できれば、シュートチャンスが広がります。

そこで、動画を参考にしながら足裏を巧みに使ったテクニックのトレーニング方法を詳しく解説していきましょう。

足裏を巧みに使ったトレーニング

トレーニング方法

  • ゴール前にコーンを1つ置く。
  • コーンから少し離れた位置にボールを持って立つ。
  • そこから斜めにドリブルし、コーンの前でキックフェイント。
  • キックフェイントした足裏でボールをタッチし、再び足裏で前方に出す。
  • その後素早くシュート。

詳しく解説

まずはトレーニングの参考に、こちらの動画をご覧ください。

動画:youtube[【サッカー足技テクニック】ドリブル足裏を使ったフェイント]

このトレーニングのポイントは、「足裏で少し後ろに引くようなボールの動かし方をしてから前方に出す「シュートがすぐ打てる位置にコントロールする」ことです。

まずキックフェイントから足裏でボールを転がすテクニックですが、相手を騙すコツとしてキックフェイントした後の足裏タッチのときに、少しボールを引くと騙しやすくなります。

なぜなら、キックフェイントしてからボールを引こうとすることで、相手は逆方向へ切り返すと考えるからです。

この騙すタッチがあるからこそ、本来進みたい前方方向へスムーズに運べます。

そして足裏で前方に出すときは、足元に入りすぎないように少し強めに出すことを意識してください。

そうすることでスムーズにシュートまで行けます。

ぜひ意識して取り組んでください。


◆関連記事◆
両インサイドでボールを運び「足裏で切れ味を変化させる技術」を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です