【動画解説】ロングシュートをガンガン決めるために意識したい蹴り方とは!?

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

トレーニングをしっかり意識してロングシュートの精度をアップ!

「何を意識させればロングシュートが入るのかな?」と悩んでいる方に向けて、この記事を書いています。
具体的には、「カーブをかけたシュート」と「弾丸シュート」のときに絞って説明します。
まずは動画で蹴り方を確認して、良いイメージを膨らませましょう。

◆関連記事◆
FW必見!華麗なボレーシュートを決めるために必要な2つのポイントとは!?

【動画付】ロングシュートを改善する方法


動画=YouTube[HOW TO IMPROVE LONG SHOTS | Score 35m goals]
*日本語字幕でご覧ください。

カーブシュートの場合

・ボールの少し横を蹴る
・親指の付け根あたりでボールに当てる
・軸足は蹴りたい方向に向ける
・上半身を反りすぎない

弾丸シュートの場合

・インステップキックでボールの真ん中を蹴る
・軸足は蹴りたい方向に向ける
・コントロールしやすく力を込めやすいため、足首を固めて蹴る
・フォロースルーは、前に押し出すイメージ

実践練習で意識するポイント

Photo:unsplash.com[Prapoth Panchuea]

試合を想定した練習では「シュートを打つタイミング」を意識しましょう。
ポイントは「相手ディフェンスがブロックしにくいタイミング」です。

例えば、バイタル手前あたりでボールを持ち、味方のフォワードが裏抜けを狙う場面です。
相手ディフェンスは味方フォワードをチェックしなければいけないため、シュートブロックに行きずらいからです。

速いシュートも大切ですが、タイミングが悪いと簡単にブロックされます。
上記の「相手ディフェンスがブロックしにくいタイミング」を見計らってシュートする意識を強く持ちましょう。

トレーニングと体の成長をサプリで効果的にサポートしてあげましょう↓

◆関連記事◆
【セノバス+】子供の成長を助けるサプリ!気になる成分や料金、口コミは?
FW必見!華麗なボレーシュートを決めるために必要な2つのポイントとは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です