【ブンデス】サンチョ(ドルトムント)がさすがの決定力を見せつける!

対フライブルク戦で、サンチョが持ち前の決定力の高さを見せつけました。

ドルトムントが勝利!

ブンデスリーガ第24節、フライブルク対ドルトムント(ホーム)が2月29日に行われました。

ドルトムントのボール支配率65%のスタッツが示す通り、試合はドルトムントのペースで進みました。

15分、サンチョが左サイドからのパスを流し込み、ドルトムントが先制。
その後、ホーランド、アザール、サンチョを中心としたドルトムント攻撃陣がチャンスを多く作りますが、前半は1対0のまま終了します。

後半もドルトムントのペースで試合が進みますが、試合終盤にフライブルクが攻勢を強め、ドルトムントゴールを攻め立てます。
しかし再三のチャンスを決めきれず、試合は終了。
ドルトムントがフライブルクに1対0で勝利しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です