SBの選手が習得するべき「中央エリア裏へ抜け出す動き」とは

今回は、SBの中央・裏への抜け出しについてご紹介していきます。

SBの攻撃参加として代表的なのが、サイドをオーバーラップしてクロスをあげる攻撃がありますが、近年では中央エリアに走り込みシュートを狙う動きも求められてきているのです。

現代サッカーにおいてSBはとても重要なポジションであり、より多くのことを求められています。

そこで、プレー動画を参考にSBの中央エリアの入り方やポイントについて詳しく解説していきましょう。

SBの中央エリアへの動き出し

馴染みのある攻撃参加といえばオーバーラップがあります。ボールホルダーに対してサイドを駆け上がり、ボールを受けてクロスを上げるような役割が求められました。

現在ではこの動きはもちろん、ボールホルダーに対してサイドではなく中央の裏のスペースへ動き出し、ボールを受けてシュートを狙うことも求められています。

そこでこちらの動画0:42の場面をご覧ください。

こちらでは、SBの選手が実際に中央エリアに走り込みシュートを打つシーンが見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です