SBの選手が習得するべき「中央エリア裏へ抜け出す動き」とは

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、SBの中央・裏への抜け出しについてご紹介していきます。

SBの攻撃参加として代表的なのが、サイドをオーバーラップしてクロスをあげる攻撃がありますが、近年では中央エリアに走り込みシュートを狙う動きも求められてきているのです。

現代サッカーにおいてSBはとても重要なポジションであり、より多くのことを求められています。

そこで、プレー動画を参考にSBの中央エリアの入り方やポイントについて詳しく解説していきましょう。

SBの中央エリアへの動き出し

馴染みのある攻撃参加といえばオーバーラップがあります。ボールホルダーに対してサイドを駆け上がり、ボールを受けてクロスを上げるような役割が求められました。

現在ではこの動きはもちろん、ボールホルダーに対してサイドではなく中央の裏のスペースへ動き出し、ボールを受けてシュートを狙うことも求められています。

そこでこちらの動画0:42の場面をご覧ください。

https://youtu.be/-dGl6a8McC4

こちらでは、SBの選手が実際に中央エリアに走り込みシュートを打つシーンが見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です