MFの選手が前線からのプレス時に狙うべきエリア・タイミングとは

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

今回は、MFの選手に習得してほしい前線からのプレス時に狙うべきエリアについてご紹介していきます。

戦術によって守備時に前線からのプレッシャーを行うチームもありますが、なかなかプレスをかけてもボールを奪えない選手もいるのではないでしょうか。

前線からのプレッシャーはチーム全体の連動が必要不可欠です。

中でもMFの選手は前に出るべきなのか、中央へのパスコースを限定させるべきなのか悩む選手もいるかと思います。

そこで、プレー動画を参考にMFの選手のプレッシャー時に狙うべきエリア・タイミングについて詳しく解説していきましょう。

MFの前線からのプレッシャー

MFの選手は前線からプレッシャーをかける際に、FWと連動して前に出るべきなのか、これとも中盤エリアのパスコースを限定することを行うべきなのかをそのときの状況によって使い分けなければいけません。

当然相手のゴールの近い位置に近ければ近いほど、ボールを奪ったあとのゴールの確率が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です