ボールをキープするときは腕や体だけでなく「足の入れ方」も重要!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、ボールキープ時の足の入れ方についてご紹介していきます。

よく「体を相手に入れる」「腕でブロック」すふことでボールキープがしやすくなると言いますが、「足を相手の前に入れる」ことも大事だということをご存知でしょうか。

上半身だけでなく、下半身・足も巧みに使うことでもっとキープ力を上げられます。

そこで、足を足の入れ方について、実際のプレー動画を参考に詳しく見ていきましょう。

ボールキープ時の足の入れ方

ボールをキープするときに、相手とボールの間に体を入れると、距離が離れるためキープしやすくなります。

そこで意識してほしいのが、上半身だけ使うのではなく、下半身・足も同時に使うことでより相手をブロックしやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です