サッカーを始めたばかりの選手必見!正しいスローイン方法を動画で学ぼう!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

今回は「スローインの正しいやり方ってどうやるんだろう?」と悩んでいる方に役立つ記事です。スローインは簡単そうに見えて何も考えずに行うと、反則となり相手ボールになってしまうので注意です。

そこで本記事では、正しいスローインのやり方と練習方法を紹介します。記事を参考にして正しいスローインを習得しましょう。

ファウルスローインを知っておこう!

間違ったスローインのことを、ファウルスローインといいます。ファウルスローインになると問答無用で相手ボールに変わります。そこで以下にファウルスローインと正しいスローインをまとめているので、違いを確認しましょう。

【ファウルスローイン】
・片手で投げる
・片足か両足が地面から離れている
・足がラインを超えている
・頭の上を通っていない
・スローインしたボールをスローワーが最初に触る

【正しいスローイン】
・両足がタッチラインの外側か線上に付く
・両手で投げる
・頭の後ろから頭の上へ通す
・ボールがピッチの外に出たポイントから投げる
・スローワーじゃない選手たちは、スローワーよりも2m以上離れる

以上がファウルスローインと正しいスローインの違いです。ゲームで間違えないように正しいスローインを覚えましょう。

動画で正しいスローインを練習しよう!


動画:youtube[Soccer Throw-in Drills: Throw-in Accuracy]
*日本語字幕に設定してご覧ください。

2人1組で取り組めるスローイン練習を紹介します。動画を参考にして、ぜひ正しいスローインを身につけましょう。

【やり方】
1.3m離れて立つ
2.スローワーは4歩ほど後ろに下がり助走をつける
3.スローワーは受け手の足の手前でバウンドするように投げる

動画の練習は非常にシンプルです。繰り返し練習して正しいスローインを体に染み込ませてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です