ジダンの得意技・マルセイユルーレットとは?華麗に相手を翻弄できる技術を身に付けよう!

今回は、マルセイユルーレットの技術についてご紹介していきます。

マルセイユルーレットは、元フランス代表・現レアルマドリードの監督、ジネディーヌ・ジダンが得意としていた技で、「ジダンターン」とも呼ばれていました。

この技術はとてもシンプルな動きですが、相手に体を入れながらターンできるため、簡単に相手と入れ違える効果的な技です。

そこで、マルセイユルーレットの意識するべきことやポイントについて、実際のプレー動画と合わせて詳しく見ていきましょう。

マルセイユルーレットで意識するべきこと

マルセイユルーレットは、両足の足裏もしくはインサイドを巧みに使ってターンをします。

マルセイユルーレットで意識するべき点は、「相手との距離感」「ボールの置き所・幅」「体を入れる感覚」などが挙げられるでしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です