ゴールが決まりそうな場面でもプレーをやめずにゴール前へ走り込む習慣を身に付けよう!

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

今回は、攻撃時GKと1対1の場面で他の選手がゴール前へ走り込むべき理由について、ご紹介していきます。

攻撃をしているときに、決定的なチャンスを作り出し、GKと1対1の場面になることも試合によってあるでしょう。この時に「得点が決まるだろう」と思ってプレーをやめてしまう子も多い。

先日、守備時でのGKとの1対1の場面でもプレーを諦めてしまう子がいるとお伝えしましたが、攻撃でも同じようなことが言えます。

守備時のGKとの1対1の場面でDFがやるべきことの記事はこちら

 

そこで、攻撃時のGKとの1対1の場面でも、他の選手はゴール前へ走り込むべき理由やポイントについて詳しく見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です