【プレミアリーグ】ロバートソン(リバプール)のパスが精密すぎる!

対ウエストハム戦でロバートソンが、得意のパスでアンフィールドを沸かせました。

リバプールが18連勝!

2月25日、アンフィールドでリバプール対ウエストハムが行われ、3対2でリバプールが勝利しました。

リバプールのシュート数(25本)とボール支配率(70%)のスタッツが示す通り、リバプールが押す展開となります。

ワイナルドゥムが9分、アーノルドの右クロスをヘッドで合わせて先制。先制点から3分後、ディオプが右コーナーキックからヘディングシュートを決めてウエストハムが同点。

31分アーノルド、39分ファンダイクが惜しいシュートを放つも決まらず、1対1で後半に突入します。

ウエストハムの逆転弾は54分。ライスからのクロスをフォルナルスがゴールし2対1とリード。

しかしサラーが68分、ロバートソンの折り返しをダイレクトシュートし、GKが止めきれずリバプールが同点に。

81分には、マネが逆転弾を奪い逆転。試合は3対2でリバプールが勝ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です