【セリエA】インモービレ(ラツィオ)の絶妙なポジショニングを参考にしよう!

対ジェノア戦で、インモービレがDFの隙間を狙う絶妙なポジショニングを見せました。

ラツィオが勝利!

2月23日、ラツィオ対ジェノア戦がジェノアのホームで行われ、3対2でラツィオが勝利しました。両チームほぼ互角のシュート数を記録したゲームは、試合序盤からゴールが生まれました。

ゲーム開始からわずか2分後、カイセドのパスをマルシッチが受け、そのままゴール中央へドリブル。態勢を崩しながらも、強烈なシュートをゴール右に叩き込み先制します。

前半中盤からジェノアペースになり、ピンチを多く迎えたラツィオでしたが、粘り強く守り切り1対0で後半へ。

51分にインモービレの今シーズン27点目が生まれます。
カイセドがエリア中央に切り込み、DFに当たってこぼれたボールをインモービレが押し込み2対0。

57分にジェノアが、カッサータのボックス中央付近からのダイレクトシュートを決めて2対1。しかし71分にカタルディがFKを決めてジェノアが3点目を記録します。

90分にはVARでもらったPKをクリシートが決めて、ジェノアが2点目を記録しますが試合終了。シュート数は両チームほぼ互角ながら、決定力の差でラツィオが勝利しています。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です