【Jリーグ】関根貴大(浦和レッズ)のドリブルが止められない!

Jリーグ開幕戦で、関根貴大が素晴らしいドリブルシュートを決めました。

Jリーグ開幕戦で浦和レッズが勝利!

2月21日、ShonanBMWスタジアム平塚で浦和レッズ対湘南ベルマーレが行われ、3対2で浦和が勝ちました。

試合は前半からアグレッシブな展開となります。

7分に鈴木が左サイドから中央へクロスボールを送り、石原(直)がヘディングで合わせて湘南が先制。

浦和が追いついたのは39分。山中から汰木とつなぎ、興梠がクロスに合わせシュート。GKが弾いたボールを押し込み同点にします。

興梠の同点弾から3分後。左サイドから山中とつなぎ、最後はレオナルドが難しい態勢からヘディングシュートを決め、浦和が逆転し前半終了。

後半に入り湘南は65分、鈴木(冬)のクロスを山田がヘッドで合わせ2対2の同点に。

しかし関根が85分、マルティノスのパスを受けエリア中央へドリブル。DF3人を振り切り決勝ゴールを決め試合終了。

シュート数、ボール支配率ともに湘南が上回りましたが、65分のPK失敗が最後まで響いたゲームとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です