【EL】鎌田大地(フランクフルト)の全ゴールがレベル高すぎ! 

EL(ヨーロッパリーグ)決勝トーナメント1stレグで、鎌田大地がハットトリックを決める大活躍を見せました。

ELでフランクフルトが4対1で勝利!

2月20日、フランクフルト対ザルツブルグの決勝トーナメント1stレグが行われました。

フランクフルトのホームで行われたゲームは、開始早々からゴールが生まれます。

12分にGKの股を抜いて、鎌田が落ち着いてゴール。43分には、ゴールキーパーの動きを冷静に見て、シュートを浮かせてゴールし2得点。

後半になっても鎌田とフランクフルトの勢いは止まりませんでした。

53分には、鎌田が左クロスからヘディングでゴールしハットトリック達成。56分にはコスティッチがゴールを決めて4対0。

ザルツブルグは84分ファンヒチョンがPKを決め3点差にしますが、試合はそのまま4対1で終了。

ボール支配率は51%を記録したザルツブルグでしたが、ハーランドと南野の抜けた穴が大きく、決定力に欠いたゲームとなりました。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です