【ACL】オナイウ阿道が横浜FM時代に魅せたシュートが強烈すぎ!

ペナルティアークから強烈な左足シュート

2020年2月19日ACLグループステージ第2節が行われ、当時横浜FMに所属していたオナイウ阿道が圧巻のゴールを決めました。

今回は当時のゴールを振り返ってみましょう!

◆関連記事◆
FW必見!スペースをあけるオフザボールの動きとゴールを演出するパス技術を習得しよう!

ACLで横浜FMが4対0で大勝!

2020年2月19日、ACLグループステージ第2節、横浜FM対シドニーFCの一戦が行われました。

ボール支配率70%、シュート数24の数字が示す通り、ホームの横浜FMが終始、圧倒したゲーム展開となりました。

12分、喜田のパスを受けたオナイウがペナルティアークから強烈な左足シュート。DFに当たりゴールし開始早々、先制点を奪います。

31分には、チアゴマルチンスのパスから抜け出した仲川がDFを置き去りにし、ループシュートで2点目。

2点目からたった2分後、ティーラトンのアシストを受けた仲川が左足シュートを決めて3対0。

後半になっても横浜FMの勢いは止まらず51分には、遠藤ーマルコスジュニオールとつないで、最後はオナイウが押し込み4対0。

試合はそのまま終了し、横浜FMは勝ち点6をゲット。アタッキングフットボールの本領を存分に発揮した試合となりました。

オナイウ阿道が強烈なシュートを披露!

動画=YouTube[ハイライト|ACL 2020 グループステージ第2節|vsシドニーFC]

オナイウは世界でも屈指の高いフィジカル、スピードを生かしたプレイが特徴的です。

試合全体を通してオナイウの長所が発揮され、特に1点目の強烈なミドルシュートは圧巻でした。

現在はフランスに活躍の場を移したオナイウ選手の今後の活躍に期待です!

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
FW必見!スペースをあけるオフザボールの動きとゴールを演出するパス技術を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です