【ルヴァン杯】小林悠(川崎フロンターレ)の駆け引きが絶妙過ぎた!

1、2を争う高い決定力と駆け引きのうまさ

2020年のルヴァン杯初戦、川崎フロンターレ対清水エスパルス戦で小林悠が魅せました。

今回は当時の小林悠選手のプレーを振り返ってみます!

◆関連記事◆
【動画解説】初心者必見!ドリブルが劇的に上手くなる練習メニュー3選ご紹介!

ルヴァン杯で川崎が勝利!

2020年2月16日グループステージ第1節、川崎フロンターレ対清水エスパルス戦が行われました。

試合が動いたのは10分。
登里のパスをレアンドロダミアンが受け、冷静にヒールで流し込み先制。

23分には脇坂のクロスを大島が少し触り、長谷川が押し込み2対0とし後半へ突入。
後半も川崎ペースで進みますが、67分にエスパルスの石毛がヘディングでゴールし、1点差に。

しかし74分、旗手のクロスを長谷川がゴール。83分には小林悠が頭で押し込み4対1。
90分+5分に三苫のクロスを小林がゴールして5対1とし試合終了。

ホームでルヴァン杯初戦を迎えた川崎が、前年度チャンピオンにふさわしい戦いを見せました。

小林悠の駆け引きのうまさはJ屈指!

 

今回は途中出場ながら2ゴールの大活躍を見せた、小林悠に注目します。

小林のプレイスタイルはJリーグでも1、2を争う高い決定力と駆け引きのうまさです。

83分のゴールシーンではDF裏への抜け出しが見事で、その後のシュートをGKに一度弾かれても決め切る決定力を見せました。

後半ロスタイムでゴールした場面でも、DFとの駆け引きでクロス対応のミスを誘う動きを見せました。

J屈指の駆け引きのうまさでゴールを量産する小林悠。今後の活躍にも期待です!

トレーニングと合わせてプロテインも活用してみましょう↓

◆関連記事◆
【動画解説】初心者必見!ドリブルが劇的に上手くなる練習メニュー3選ご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です