タッチライン際でこそ積極的なドリブル突破を!その理由とは

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

サイドやタッチラインに追い込まれてしまった時、どんなプレーを選択するでしょうか。相手にボールを当ててマイボールにしようとする子もいれば、プレーを諦めてしまう子もいるかもしれません。

しかしタッチライン際だからこそ、積極的にドリブルを仕掛けてほしい。追い詰められたからこそ抜けるドリブルもあるのです。

そこで今回は、なぜタッチライン際でドリブルを仕掛けるべきなのか。意識するべきことについてもご紹介していきます。

なぜタッチライン際でドリブルを仕掛けるべきなのか

タッチライン際にボールホルダーを追い込めたDFは、まずボールを奪えると考えます。ボールホルダーはプレーエリアも狭く、選択肢も少ない状況になるでしょう。

しかしそんな状況だからこそ、果敢にドリブルを仕掛けてほしいのです。なぜタッチライン際で仕掛けるべきなのか。まずは相手DFはこの状況でさらにドリブルを仕掛けてくるとはあまり考えません。そのため相手の意表をつくプレーにもなります。

さらに例えドリブルを対応され、足で触られてしまったとしても、タッチライン際のため流れが一旦切れますし、マイボールになる可能性も高い。そうすれば再び攻撃をリスタートできます。囲い込まれた場面で突破できれば、決定的なチャンスにも繋がるでしょう。

タッチライン際のドリブルで意識するべきこと

タッチライン際のドリブルで意識するべきことは、「あえてタッチラインに向かってドリブルする」こと。サイドラインであればそのライン方向にボールを出して相手を抜こうとすること。

DFからするとサイドラインが近いため、その方向へドリブルしてくるとは考えません。そのため中央のスペースを消すことを考える傾向があります。そこであえてサイドライン側へドリブルを仕掛けることで対応に遅れる可能性もあります。

例えドリブルにミスしたとしてもラインから出るだけなので、すぐに切り替えられる。これはゴールライン際でも同じことです。例えばゴールラインギリギリでボールを保持できたときに、プレッシャーをかけられたとして、後ろに逃げたり後方にパックパスするのではなく、あえてゴールラインに沿ってドリブルをする。

こういったDFの予測しないようなドリブルをすることで、突破できるチャンスが広がります。

タッチライン際のプレーだからこそ、できるドリブル突破もある。ぜひ積極的にドリブルで仕掛けていきましょう。


動画:youtube[イニエスタが試合で使うタッチを完全解説!スピードがない人でも相手を抜ける!]

◆関連記事◆
一瞬の体の向きで相手を騙せ!タッチライン際で効果を発揮するドリブル技術を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です