鈍足必見!足の遅い選手が優れたドリブラーになる為に意識する事とは

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

足が遅いとドリブルで相手を抜くことはできない。スピードがないとドリブラーようにプレーできない。そう思っている子もたくさんいるのではないでしょうか。

確かにドリブルスピードがあるのはその人の武器にもなりますし、相手にとっても脅威。しかし必ずスピードが無ければドリブラーのように仕掛けていけないのかというと、決してそうではありません。スピードがなくてもドリブラーのように仕掛けて相手を抜くことは可能です。

今回はスピードのない選手がどのようなことを意識すれば、何人も抜けるようなドリブラーになれるのかご紹介していきます。

スピードがないのなら相手を騙せば良い

まず先にお伝えすると、スピードがないのなら相手を騙す術を覚えればよいのです。これができれば例えスピードがなくても、相手を簡単に抜けます。そのためにはいくつかポイントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です