日本の選手のパススピードはなぜ遅いのか?小学生年代から身に付けたい状況把握・認知能力とは

昔から海外の選手と比べて、日本の選手はパズスピードが遅いと言われてきました。そしてこれは今も変わっていないように感じます。欧州サッカーとJリーグを見比べてみてみると、よりその差を実感できるでしょう。

なぜ日本サッカーのパススピードは上がらないのか。パススピードを上げるためには何を意識すればよいのか。

なぜパススピードが上がらないのか

なぜ日本の選手はパススピードが上がらないのか。それは状況認知力とパスの意図が込められていないからではないでしょうか。

例えば右サイドから左サイドへ大きくサイドチェンジを出すとき。海外の選手は速く鋭いボールを蹴ります。

なぜならサイドチェンジは手薄になった逆サイドへ素早くボールを送ることで、相手守備陣を打開するため。もしふわっとした遅いボールを蹴れば、その間に相手はスライドして守備陣形を整えられます。それではサイドチェンジの意味がありません。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です